2011年11月03日

6500双祝賀会

 10月30日が、本来6500双の祝福23周年記念日でしたが、本日11月3日、6500双

家庭会主催の「祝福23周年記念祝賀会」が、松濤本部の礼拝堂で行われました。

宋総会長が祝賀のメッセージを語ってくださいました。
総会長.JPG

また今年は、家庭会役員の交代時期でもあり、新旧役員のあいさつの後、祝賀のケーキカットが
ありました。
ケーキカット.JPG

久しぶりにあった兄弟姉妹と歓談しながら昼食の時間となり、午後からエンターテインメントがありました。
まずは、韓国婦人会の合唱。美しい歌声にアンコールも含め3曲披露して下さいました。
合唱.JPG

続いて、子供達からの天父報恩鼓、及び和太鼓の演舞がありました。
天父太鼓.JPG
天父太鼓(小).JPG
和太鼓.JPG

続いて、6500双のエンターテイナー木下教会長による手品で、会場は最高潮に盛り上がりました。
手品.JPG

続いて、メンバーを代表して4人の方が証しをしました。
その中の一人として、私も選ばれ、僭越ながら、23年前の祝福会場での家内との出会いの場の証をさせて頂きました。
証.JPG

最後は抽選会。
たくさんの家庭に抽選会によるプレゼントが手渡され、我が家も早々に当たりとなりました。

6500双の国際合同結婚式は、1988年のソウルオリンピックの年に行われましたが、その中で
1000双以上の韓日・日韓交差祝福が行われ、近くて遠い国、韓国との間に、たくさんの兄弟姉妹の苦労のかいもあって、今では恩讐関係も解け、本当に近い国になったなあと感じます。

私達も祝福を受け23年、神様と真のご父母様に感謝すると共に、これからも理想家庭を築くべく頑張っていきたいと思いました。
azoku.JPG

ランキングに参加しています。
ここを↓プチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by あやパパ at 19:04| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

南極物語

 いよいよ日曜日の夜9時、木村拓哉主演の「南極物語」がはじまった。

16日の夜、用事があって見ることができなかった私は、録画をして、昨日見た。

1983年に高倉健主演の南極物語を見て以来、28年もの歳月が過ぎだんだなあと、しみじみ時の流れの速さが感じられる。

まず第1回目は、戦後の敗戦した状況から、日本が再度世界に認められるために、南極観測隊に志願し、様々な準備を経て、観測船「宗谷」が南極に出発するまでの内容。

何度か準備の段階でくじけそうになる場面もあるが、主人公のキムタクの言葉で再度ががんばっていくその内容は、現代のすぐにあきらめてしまう若者達に、何らかのメッセージを語っているかのようだ。

また国から支援してもらえなくなった時、子供達がおこずかいの中から、5円、10円を寄付していく内容は、感動そのもの。そこから全国的に寄付金が集められていく様子は、さながら東日本大震災で支援金が集められていく様子ともだぶり、人一人びとりの力というのは、本当に大きく、尊いものだと感じた。

また樺太犬を集めるため、北海道へと向かう主人公キムタクの意気込み。
タロとジロの出会い、犬ぞりのリーダー リキの行動。

本当に感動的な場面が多々あった。

これから第2回目以降の進展もどのようになっていくのか、楽しみである。

副題は、〜神の領域に挑んだ男と犬の物語〜
南極という、人間が住むにはあまりに過酷すぎる場所に、神をみることはできるのか?


ランキングに参加しています。
ここを↓プチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
posted by あやパパ at 13:01| 東京 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

ゴースト

 みなさん、霊界はあると思いますか?

以前「ゴースト ニューヨークの幻」を見て、霊界の存在を考えたことがありましたが、

2010年に「ゴースト もう一度抱きしめたい」が、松嶋菜々子、ソン・スンホンの主演により製作

され、それを家族で昨日見ました。
http://www.ghost-movie.jp/

日本の製作ということもあって、子供にもとてもわかりやすく、私達も回りにも、霊人体がすぐそば

にいるんだということがよくわかりました。

原理では、霊界の存在を理論的にも証明しています。

空気や電気のように、目にみえなくてもそこに必ずある存在。

私達の中に、心と体があるように、神様の創造された世界は、目にみえる地上世界と目にみえない

天上世界(霊界)があります。

この霊界の存在を知るならば、きっと生きる価値観そのものが変わっていくことでしょう。

霊界があるとするなら、必ずその存在価値があります。

その存在価値を知り、私達が今どう生きていかなければならないのか、そのことを知ることは、

とても重要な意味をもつことでしょう!

ランキングに参加しています。
ここを↓プチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村

posted by あやパパ at 10:28| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。