2012年09月19日

聖和式に参加

 去る9月14日から18日までの4泊5日を利用して、韓国清平の地へ、文鮮明先生の聖和式に参加するため家族で渡韓してきました。

すでに、9月6日から、世界中の弔問者が訪れていましたが、到着した仁川国際空港は、15日の聖和式に参加するため、午前中からすでにごった返していました。
私たちは、直接清平の修錬苑ではなく、郊外にあるコンドミニアムに宿泊することになりました。


15日は、清心平和ワールドセンターで、文鮮明先生の聖和式が挙行されました。
今回は、子供の参加が認められなかったため、家内だけが参加し、入り口での記念写真だけを撮り、私たちは、清平修錬苑の中で、モニターを通して、参加させて頂ました。


式の最後は、文鮮明先生のご聖体を乗せた聖和車と、地上における最後のお別れをするため、天正宮までの沿道が教会員で埋め尽くされ、「アボニム サランヘヨ(お父様 愛しています)」「アボニム カムサハムニダ(お父様 感謝しています)」と声をかけて、お見送りをしました。
IMG_0481[1].JPG
IMG_0482[1].JPG

16日は、清平修錬苑内で、お父様との思い出を回顧したり、お祈りをする時間となりました。


17日は、真のお母様を中心とした、特別集会が持たれ、お父様の遺言として、教会員においての4つの願いが語られました。
私たちは、このお父様の願いを胸に、これからもただただ前進あるのみの決意で、再出発しました。


18日は、いよいよ帰国日。
真の父母様の願いを日本において果たすため、帰国の路につきました。
空港で少々時間のあった私たちは、韓国の伝統文化の体験コーナーで、虎の色塗りを体験しました。


ランキングに参加しています。
ここを↓プチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
posted by あやパパ at 13:36| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。