2010年09月24日

緑ゆたかな地球を創る為のシンポジウム

 昨日は、秋分の日でしたが、あいにくの雨でしたね。

私は、西新井で行われた「緑ゆたかな地球を創る為のシンポジウム」に参加してきました。

今インドネシヤでは、オランウータンの棲む森林がものすごい勢いでなくなっているんですって!

そこで、このオランウータンを救う為の財団であるボルネオ・オラウータン・サバイバル(BOS)財団の
ブンガランサラギ理事長、BOSインドネシヤCEOのトグ マヌルング博士、元環境大臣の鴨下衆議院議員、NPOアジア植林友好協会の宮崎林司先生の4名の先生がパネラーとなってシンポジウムが行われました。

また途中、この運動を支えていこうと、夫婦で竹馬で日本を縦断され、200万円の寄付金を集められたというマイケルさんご夫妻(奥様は日本人)のあいさつがありました。

熱帯雨林でこれほどまでに、森林が少なくなっていることをはじめて知りましたが、材木の消費国である日本は、何かしていかなければならないなあと痛切に実感しました。

まずは、宮崎林司さんが行っている”植林活動”に参加していくことが良いのかなと思いましたが、マイケル夫妻があいさつの中で、「隣が始めてから行うのではなく、まず自分から行っていこう!」という呼びかけに私も「そのとおりだ!」と思いました。

いろいろやりたいことはあるけど、いつも中途半端に終わってしまう自分と早く決別して、継続して参加し、また自分からも呼びかけていく、そんな平和活動を私はこれから行っていきたいと思います。

ランキングに参加しています。
ここを↓プチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
posted by あやパパ at 19:18| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。