2009年09月13日

信仰と実体の基台

今日は日曜日、礼拝に行きました。
その一部をご紹介致します。

「信仰生活」は、信じる生活である。
では、何を信じるのでしょうか? 神を?メシヤを?霊界を?

創造原理によれば、神の責任分担として創造された人間は、それ自身の責任分担として、神から与えられたみ言を信じ、実践するとき、はじめて完成されるように創造されたのである。

聖書 ヨハネによる福音書第一章1節〜
初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった。すべてのものは、これによってできた。


”言葉は人生をつくる”という。私はどんなことばをつくっているか?
「口癖」は心の鏡。心を変える言葉、言葉を変えると心情まで変わる。
どんなみ言を意識して毎日生活しているかが重要。

だから毎日の訓読会の中で、今日のみ言を意識して生活しなければならない。・・・

”言葉は人生をつくる”という事は、今日のポイントだったと思う。
私の口癖は何だろう?と考えた。
あまり良い言葉を発しているようには思えない。すると私の発する言葉で、私自身が、悪なる人生に自分自身を進めていることになるのか?ショック!!

神様の真の愛を学んでいる私が、私の発する言葉で、180度反対の方向に自分自身を進めているとすれば・・・。

今日の説教は、目からうろこのとれる内容であった。
良い言葉を発する努力をしていかなければならないと思わされた。

ランキングに参加しています。
ここを↓プチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村


posted by あやパパ at 23:16| Comment(2) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ことばの力は大きいのですね。
わたしも日々の生活で発する言葉、気をつけます。
神様が喜ばれる言葉だけ、発していたいです♪
Posted by hikoboshi_love at 2009年09月14日 08:16
努力するものは、救われます!
まずは、一日一日気をつけて、前進するしかないですね。
阿部部長の礼拝だったのですが、とても整理されました。
Posted by 天一国市民 at 2009年09月14日 21:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。